メニュー
ソラノ
DTPオペレーター
DTPに関わる仕事をしています。Photoshop・Illustrator歴13年。アドビ認定アソシエイトと色彩関連の資格を取得。Photoshop、IllustratorやMacの使い方を教えてます。

左手デバイスでショートカットの効率を上げる

左手用デバイス1

ショートカットを多用してると、頻繁に使うショートカットが出てくると思います。

そんなときに便利なのが「左手デバイス」

左手デバイスは色々なタイプがありますが、初めての方にはボタンが少なめなシンプルタイプがオススメかと。

上記は自分も愛用している小型タイプの左手用デバイスです。

本日はそんな左手デバイスの備忘録。

この記事の内容

まずはシンプルタイプで慣れるのがオススメ

こちらのXP-Penの左手デバイスなら、10個のボタンとホイールが使用できるのでとても使いやすいです。

左手用デバイス2

マウスを持ちながら左手でポチポチ押すだけでショートカットが発動します。

とても軽いのでリモコンのように手に持って押すことできますし、キーボードの横に添えて置いて使うこともできます。

ショートカットを簡単に登録可能

公式サイトで常駐型の設定アプリをダウンロードできます。常駐型のアプリになるのでとても使いやすいです。

左手用デバイス3

ボタンにはそれぞれ様々なショートカットやコマンドを登録することができます。

ホイールには拡大縮小など登録すればクルクル回すだけで拡大縮小がスムーズに。もちろんホイールには別のショートカットを割り当てることも可能。

豊富なキー操作をサポート

ファンクションキーだけでなく、ダブルクリックやマウス操作も登録できます。

少しでも手に負担を感じる操作はすべてワンボタンに置き換えてみましょう。かなり負担軽減できるはず。

左手用デバイス4

個人的におすすめなのが、キーを2つ以上同時に押す動作を置き換えると感動するほど楽になります。

  1. ⌘+1→K1
  2. ⌘+option+3→K2
  3. ⌘+SHIFT+4→K3

など、Macには同時押しをするショートカットが多数存在するので、頻繁に使う操作をワンボタンに登録するだけで作業負荷が激減します。

自分は左手デバイスには使用してませんが、僕は現在ダブルクリックすらしていません笑

自分の作業を定期的に棚卸しする

まずは自分の動作を棚卸ししましょう。

  1. まずは自分のしている動作は何があるのかを紙に書き出す
  2. 次にその中から頻繁に使用している操作を抜き出す
  3. 更にそこから負担がかかっている操作はないかを抜き出す
  4. それを左手デバイスで置き換えられないか考える

上記のステップで効果の大きいものから順番に左手デバイスに登録していきます。

最初は慣れるのに時間がかかるでしょうが数週間もすれば大きな効果を実感できるはず。小さな改善を積み重ねていきましょう。

時短の大先輩である鷹野さん@swwwitchさんにも試していただきました。どんな活用されるのか楽しみです。

左手デバイスと一緒に多機能マウスも使うと時短効果が倍になるのでオススメ。

今回紹介している「XP-Pen」はかなりお手頃でおすすめです。

左手用デバイス1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容