メニュー
ソラノ
DTPオペレーター
DTPに関わる仕事をしています。Photoshop・Illustrator歴13年。アドビ認定アソシエイトと色彩関連の資格を取得。Photoshop、IllustratorやMacの使い方を教えてます。

タグを使ってファイルを整理する

tag1

Macでファイルを整理する方法でおすすめなのがタグを使う方法

フォルダーのみの仕分けに頼るとフォルダーがいたずらに増えてしまったり、階層が深くなってファイルを探すのに苦労します。

そこらへんの問題点はこちらにまとめています。

今回はタグの設定について備忘録としてまとめます。

この記事の内容

タグの設定は簡単

Macのタグ付けはFinderの環境設定から簡単に設定可能。

tag2

+マークで名前と色を決めてどんどん作ることができます。

  1. よく使う項目は名前と色を組み合わせる
  2. それほど使わないファイルは色なし名前のみ
  3. ★マークを使えば優先順位を作ることも可能(★や★★など)

加えて下のよく使うタグにドロップすることで、ファイルにタグを付けるときに時短ができます。おすすめ

右クリックで簡単にタグ付け可能

タグを作ったらフォルダやファイルで右クリックをすることで簡単にタグを選択することができます。

tag3

デリートで消したりも簡単にできます。

tag4

大量のファイルやフォルダにタグ付けする場合、自動化するのが便利なのですがこれはまた別の記事で。

タグにより検索機能を強化できる

更にサイドバーにタグを表示させることで、簡単にデスクトップやフォルダ内のタグでグループ表示することができます。これでファイルやフォルダを飛び越えて表示させることができます。

tag5

階層を意識せずまとめることができるので、フォルダーの削減に繋がります。Dropboxでも使えるので便利。

タグを活用してファイルに素早くアクセス

フォルダだけだとどうしても階層が深くなったりフォルダの乱立が起きます。

ここで横軸のタグという機能を使うことで不要なフォルダの削除や階層を浅くすることが可能

使えるものはどんどん使って作業能率と効率を上げていきましょう。

tag1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容