メニュー
ソラノ
DTPオペレーター
DTPに関わる仕事をしています。Photoshop・Illustrator歴13年。アドビ認定アソシエイトと色彩関連の資格を取得。Photoshop、IllustratorやMacの使い方を教えてます。

Skitchで画像に素早く文字を書き込む

Skitch2

ブログや講座をやっているとスクショや画像にささっと文字を入れたいときがあります。そこで便利なアプリ「Skitch」

ちょっと文字を入れたり、スタンプをつけるくらいなら、わざわざPhotoshopやCanvaを使うのは面倒。

そこで便利なのが「Skitch」です。

本日はそんな手軽な画像加工アプリ「Skitch」の備忘録。

この記事の内容

画像を選択する

使い方はとっても簡単。

Skitch1

アプリを起動したらファイルを選ぶだけ。自分はアプリに直接ファイルをドロップして開いています。

機能はシンプル

嬉しいのはツールが必要最低限しかなくとてもシンプルなところ

Skitch3

それでも資料作りなどで非通用な必要最低限の事は大体できます。

  1. 矢印を入れる
  2. 線で囲む
  3. 線を引く
  4. 文字を入力する
  5. スタンプをつける
  6. モザイクを掛ける
  7. 画像を切り取る

文字にフチを付けて視認性をあっぷさせたり、文字色や線の太さを自由に変えたりすることも可能です。

Skitch4

このように簡単に画像に書き込むことができます。

手軽に画像を保存

画像の加工が完了したら、下部にあるベロを引っ張るだけで画像が保存されます。

Skitch5

しかもこのクイック保存は予め拡張子をセットしておくことができます。多用する拡張子は事前にセットしておくと時短が加速します。

Skitch7

頭に「Skitch」と付いている拡張子はこのアプリ専用の拡張子。

これで保存しておけば、後から編集可能なファイルに保存できます。これは便利。

Skitchを使って画像加工を時短しよう

様々な画像加工アプリがありますが、ポイントは自分の用途によって一番使いやすいアプリを使い分けること。

一つのアプリだけで加工しようとすると返って手間がかかる場合も多いです。

場面ごとにいくつかアプリを用意しておいてシーンによって使い分けて行きましょう。

この「Macのスクリーンショット」と「Skitch」を組み合わせることで時短が加速します。

Skitch2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容