メニュー
ソラノ
DTPオペレーター
DTPに関わる仕事をしています。Photoshop・Illustrator歴13年。アドビ認定アソシエイトと色彩関連の資格を取得。Photoshop、IllustratorやMacの使い方を教えてます。

多機能マウスのすすめ

takisamu

去年から多機能マウスを使っています。

多機能マウスを使う理由は2つ

  1. 頻繁に使うアクションやマクロがすぐに起動できる
  2. マウスから直接操作できるので快適キーボードよりも直感的に作業できる

どんな感じで設定しているのかご紹介。操作環境がMacなのであしからず・・・。

この記事の内容

制御アプリはステアーマウス

多機能マウスはステアーマウスで制御してます。理由は標準アプリよりもフレキシブルな設定や操作が可能だから。

steermouse1

細かい設定も自由自在。

steermouse2

組み合わせ機能を使えば更に作業が捗ります。マクロ厨の人は垂涎の機能

steermouse3

アプリケーショごとに設定できるのが素晴らしい。

ステアーマウスはおすすめのアプリなので、要望があれば別途記事に書きます。

設定の一部を公開

自分のメインの設定はこんな感じ。

steermouse4

拡大、縮小、ファイルの削除、フォルダやファイルの名前変更系は頻繁に使うので設定してます。

あとはアプリによってよく使うコマンドが違うのでそれぞれ設定してます。1年くらい使えば何も考えずに使いこなせます。最初はむしろ効率下がりますが、それを超えると景色が変わる。人生楽をしてはだめですね。

まずは作業の理解と棚卸しから

一番使っている動作はなにか?何度も使う動作はなにか?を数値で把握することが大切。

自分の場合はマインドマップにまとめていて、一番使用頻度の高いコマンドから多機能マウスに組み込んでいきました。

時短ツールはたくさんありますが、使いこなせなければ意味がありません。特に最近はボタンの多い左手用デバイスなどもありますので、覚えられなければ宝の持ち腐れです。

まずは使用頻度の高いものから小さく初めて体に染み込ませて行きましょう。千里の道も一歩から。

takisamu

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容