メニュー
ソラノ
DTPオペレーター
DTPに関わる仕事をしています。Photoshop・Illustrator歴13年。アドビ認定アソシエイトと色彩関連の資格を取得。Photoshop、IllustratorやMacの使い方を教えてます。

Handoffでデバイス間の作業をシームレスに行き来する

ハンドオフサムネ

三階ラボの宮澤さんのツイートを見て「Handoff」の便利さを再確認しました。

今まで意識することなく自然に使ってましたが、これって結構ありがたいことだなと思ってもう一度設定を見直したりしてました。

ということで、今回はMacの便利なシームレス作業機能「Handoff」の備忘録。

この記事の内容

iCloudにログイン

まずはすべてのApple製品で同じ「iCloud」にログイン。

ハンドオフ2

連携させたいMac、iPhone、iPadなどでログインしておきましょう。

ハンドオフ3

一度ログインして常にログインにしておけば毎回ログインする手間は不要です。

ついでに各デバイスのBluetoothもオンにしておきましょう。

デバイス側で設定

各デバイスで一般から「ハンドオフ」の設定を行います。

ハンドオフ4

オンにするだけなので簡単です。

ハンドオフ5

これで準備完了。

近づけるだけでシームレス移行

後は各デバイスが近くにあれば、自動的にDockに表示が現れます。

ハンドオフ6

各デバイスの名前とアプリケーションが表示されるのでわかりやすい。

そのまま展開すると各デバイスと同じ状態の画面が映し出されます。

ハンドオフ7

様々なアプリケーションがシームレスに移行しますので、整理や作業が捗ります。

Handoffを使って各デバイスの得意を活かそう

各デバイスには得意な分野があります。僕の活用例ですが、例えば

  1. 出先や通勤時にiPhoneでメモアプリでブレスト
  2. メモアプリに貼り付けたい図解などをMacにストックしているのでMacに近づけてシームレス移動
  3. 色々と文字や図を書き込みたいのでiPadに移行して書き込み
  4. 最後にDropboxで保存

みたいなことをしています。それぞれのデバイスの特徴をフルに活かしつつ、シームレスに作業を行えてます。

これがApple製品で統一する醍醐味かと。

他にも便利な活用方法があったらぜひ教えて下さい。どんどん新しい仕組みを使って、気持ちよく可処分時間を増やして行きましょう。

ハンドオフサムネ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容