メニュー
ソラノ
DTPオペレーター
DTPに関わる仕事をしています。Photoshop・Illustrator歴13年。アドビ認定アソシエイトと色彩関連の資格を取得。Photoshop、IllustratorやMacの使い方を教えてます。

アクションを更に進化!ドロップレットで時短!

ドロップレット1

前回の記事で好評だったPhotoshopの「アクション」機能。

この素晴らしい機能がなかったら、今の職場で定時に帰ることはできてなかったかも笑

そこで今回はそんな「アクション」を、更に便利に使いこなすことができる「ドロップレット」をご紹介。

複数のファイルに一発で処理をかけたいときに重宝します。

ドロップレットは、Photoshopのアクションをアプリ化して、ドロップだけで完了できるというスグレモノ。

最初は作るのが少し面倒ですが、一度作ってしまえばずっと使い続けることができます。

今回はそんな「ドロップレット」の備忘録。

この記事の内容

ドロップレット作成の準備

まずはドロップレットを作る前に、必要なアクションを作るところから始めます。

今回は僕がブログで実際に使っているアクションを作ってみたいと思います。

アクションの準備

まず必要な画像を開きます。

続いてアクションを作ります。ウィンドウ→アクションにクリックしてチェックを入れます。

ドロップレット2

続いて現れたアクションパレットの右上にあるハンバーガーメニューから「ボタンモード」のチェックをクリックして外します。

ドロップレット3

これで編集モードとなるので、再びハンバーガーメニューから「新規セット」をクリック

ドロップレット5

フォルダができるので好きな名前をつけます。わかりやすく「ドロップレット」としておくと良いです。

ドロップレット6

作ったフォルダがアクティブになっている状態で、再びハンバーガーメニューから「新規アクション」をクリック

ドロップレット30

これが今回のアクションの元となるので、「ブログ用」などわかりやすい名前をつけておきましょう。

右側の記録を押すと作業の記録が始まるので、押した後は余計な動作はしないように気をつけて。

ドロップレット31

事前にリハーサルしてメモしておくといいです。

アクションを記録していく

それでは画像サイズを変えていきましょう。イメージ→画像解像度をクリック。

ドロップレット8

今回は画像ように横のサイズを800にしてOKをクリック。

比率が連動するようになっているので、高さも応じて変わります。

ドロップレット9

続いて薄暗くて眠い画像なので、明るくメリハリを付けていきます。レイヤー→新規調整レイヤー→明るさコントラストをクリック。

ドロップレット10

設定はお好みで。

ドロップレット11

一通りの作業が終わったので保存していきます。レイヤー→画像を統合をクリック

ドロップレット12

続いてファイル→別名で保存をクリック。

ドロップレット13

拡張子をPNGにして保存します。名前はそのままでも良いです。

ドロップレット14

ポップアップが出てきますが、そのままOKで大丈夫です。

ドロップレット15

最後にファイル→すべて閉じるをクリック。

ドロップレット16

そして最後に忘れては行けないのが、アクションを停止させること。

ドロップレット17

アクションパレットの「■」マークをクリックして記録をストップします。

押さないとずっと記録されっぱなしになってしまうので注意。

ドロップレットを作る

これで下準備は完成したので、いよいよドロップレットを作っていきます。

ファイル→自動処理→ドロップレットを作成をクリック。

ドロップレット18

設定がポップアップされるので。順番に設定していきます。とりあえず、下記の3箇所だけ抑えておけば問題なしです。

ドロップレット19

①ドロップレットの名前を決める

「選択」をクリックするとドロップレットの名前を決めることになります。わかりやすい名前にしましょう。

名前は後でも変えられます。

ドロップレット20

後は保存でOK。

②セットとアクションをセッティング

先程作った「セット」「アクション」を選択しましょう。

ドロップレット21

下の「開くコマンドを無視」のチェックは外します。

③実行後の設定

実行後のファイルをどうするのか色々設定できますが、今回は一番簡単な「なし」にしておきましょう。

ドロップレット22

出来上がったファイルを指定のフォルダに送る事もできたりと色々調整できるので、興味があったらいじってみてください。

ドロップレットの完成

最後に保存を押すと、デスクトップに下記のようなドロップレットアプリが出来上がります。

ドロップレット23

後はこのアプリにファイルをドロップするだけで、アクションが自動作動しファイルが一瞬で吐き出されます。

ドロップレット24

文字だけではこの感動は伝わりにくいと思いますが、上記に行ってきた作業が1秒たらずで完了します!エクセレント!

ドロップレット25

1秒で処理が完了したファイルがこちら。しっかりと処理されています。

今後はこのドロップレットにファイルを入れるだけで作業が完了します!感動!

ドロップレットを使って作業をどんどん時短しよう

以上、ドロップレットの使い方でした。

今回はファイルを一つでやりましたが、複数ファイルを同時にドロップしても順番に処理されて吐き出されていきます。これが地味に感動します。

アクションの作り方は下記の記事でも解説してます。

自動化を使いこなして、可処分時間を増やして行きましょう!

ドロップレット1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容