メニュー
ソラノ
DTPオペレーター
DTPに関わる仕事をしています。Photoshop・Illustrator歴13年。アドビ認定アソシエイトと色彩関連の資格を取得。Photoshop、IllustratorやMacの使い方を教えてます。

アクションの活用で時短をする

アクションの活用1

Photoshopにはアクションという素晴らしい時短機能が標準搭載されています。

アクションを使うことで、作業時間の短縮と作業での身体的負荷軽減といい事ずくめです。

最初から大きな仕組みは作らなくていいので、小さく細かくたくさん作っていくのがコツ。

ということで、今回はPhotoshopのアクションについての備忘録。

この記事の内容

Photoshopのアクション機能

アクションとはPhotoshopの動作を記録してボタン一つで再現してくれる機能。エクセルのマクロのようなものです。

アクションの活用2

組み合わせ次第で、すべての動作をボタン一つで一瞬に完了させてくれるほどの威力を持っています。

ボタンモードと編集モード

アクションにはアクションを使う「ボタンモード」とアクションを作る「編集モード」の2つのモードがあります。

まずは編集モードでアクションを作成。

アクションの活用3

最初にセット(フォルダ)を作って、その中に色々アクションを入れていくことになります。

アクションの活用4

セットの中にアクション1個でも問題ありません。

アクションの活用5

セットフォルダは後でアクションをファイルにして書き出しするときに使う機能です。

書き出しはセットごととなるので注意。

続いてアクションの作成。

アクションの活用6

セットは先程作ったセットをしましょう。

ファンクションキーで割り当てたり、ボタンに色を付けることも可能です。

アクションの記録と再生

記録ボタンを押したら記録開始。

余計な動作も記録されてしまうので、記録前にどんな動作をするのか練習したりメモっておくとスムーズです。

アクションの活用7

作業が完了したら、ストップのボタンを押して終了。

アクションの活用8

後はボタンモードに切り替えて現れたボタンを押すだけで、先程の操作を一瞬で完了させてくれます。

アクションを使いこなして時短しよう

思いつくことはだいたいなんでもアクションにできます。

アクションの活用9

まずは自分の繰り返しているいつもの動作をフィードバックしてメモ。それをアクションに置き換えられないかを考える。

これを繰り返すことで1年もすれば、人の2倍は生産性がアップします。

アクションは奥が深いので細かいテクニックは別途記事にして備忘録として残していきます。

アクションで快適な作業環境を構築しましょう〜。

アクションの活用1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事の内容